当業界の全産業内での位置づけ

フード業界は日本の主要業界の一つ。全産業に占める地位も高い

 フード業界は日本の産業の中でも規模の大きな産業である。産業別の名目GDPを見ると19.6兆円(全GDPの3.6%。別途統計上小売業・卸売業に分類されている分も存在)の水準であり、業種別就業者数の数値をみると992万人(14.7%。別途卸売業に分類されている分も存在)を占める。GDPに対して就業者数が非常に多くなっているが、これは小売や飲食など労働集約的なカテゴリが分類されていることに背景がある。