印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2017/11/13更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    マクロ環境

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

キッチン・トイレ・バスなどの水廻り機器やガス・石油を熱源とする暖房機器、給湯機器といった住宅設備を製造する企業を対象とする。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

住宅設備の設計・製造、販売を手がける産業。建材・住設卸を通る流通経路が主だが、電材卸・管材ルートや工事業者、エンドユーザーへの直販ルートなども近年は拡大

残り本文: 298文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

住宅設備は大きく、水廻り機器とガス・石油機器に大別。水廻り機器は、さらに設置タイプや機能により細かく分類される。ガス・石油機器製造については、安全性確保のための規制が存在

 住宅設備は大きく、キッチン・トイレ・バス・洗面化粧台などの水廻り機器と、暖房機器・給湯機器・厨房機器などのガス・石油機器の2種類に分けられる。
 水廻り機器は、設置方式や機能により分類がある。例えばキッチンであれば、調理台、シンク、コンロ、換気扇などパーツを組み合わせて天板をのせて一体成型したシステムキッチンと、それぞれのパーツを独立に並べたセクショナルキッチンがある。
 また、ガス・石油機器については、ガスや石油を熱源とすることから一酸化炭素中毒の事故が発生する危険性があるため、ガス事業法などにより安全性を確保するための製造規制が設けられている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

技術や規制により参入障壁は高い。各設備市場は上位企業による寡占状態、分野を横断した統合による総合設備メーカーも出現。市場の成長や収益性の観点からリフォーム需要の獲得が焦点に

残り本文: 547文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは、リフォーム需要と海外需要の獲得

残り本文: 143文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

販管費率が高いが、売上原価率が低く営業利益率は製造業としては高めの水準。自己資本比率も高めの水準で安定。上位企業による寡占がすすみHHIは高い

残り本文: 596文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

住宅設備市場は、継続的な新築需要の減少に加え、リーマンショックによる景気低迷などを受け一時大きく縮小するも、その後は安定したリフォーム需要などにより回復し、近年は横ばいで推移

残り本文: 856文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

新築市場が低迷する中、ストック住宅の老朽化やバリアフリー化・スマートハウス化などによりリフォーム需要が高まる。政府は、2025年までに市場規模を倍増させる目標を立て、減税や補助金などによる推進策を実施。国内住宅設備の普及飽和を背景に、海外市場にも注目が集まる

残り本文: 626文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向