印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    業界定義

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

漁業をおこなう団体経営体

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

漁獲をおこなう大手プレイヤーは水産加工業者を主業務とする。水産物の流通構造は産地卸、消費地卸などを経由するため複雑多岐にわたっている

残り本文: 392文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

水産物は自然物であるがゆえに生産量がばらつき、また冷凍保存などの特殊な保管方法が必要となる

 水産物は生鮮食品であり、鮮度が重要である。そのため短時間で流通させる流通網と冷凍保存して輸送する冷蔵輸送の機能が発達してきた。また水産物が自然物であるため漁獲量は安定せず、価格も変動しやすい点が商品上の特徴である。
 当業界で扱う漁業生産については、分類法として漁法や魚の種別などいくつかの切り口があるが、最も一般的なのは漁場による分類である。大きく海面漁業(海水)と内水面漁業(淡水)に分かれ、海面漁業はその漁場範囲により遠洋漁業、沖合漁業、沿岸漁業、養殖業に分類できる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

遠洋漁業ほど資本集約的になり、参入は難しい。商品が自然物であることから安定供給は簡単ではない

残り本文: 431文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

コストにおける売上原価の比率が8割。負債比率も高く、独特の事業特性が財務指標に表れている

残り本文: 360文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

漁業生産量は1987年の水準の半分以下に減少する一方、需要側の市場規模は約3.4兆円で安定推移。水産輸入量が安定推移していることが背景にある

残り本文: 405文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

国際情勢に大きく影響を受けてきた。魚離れなどの社会構造の変化も進む。技術革新も進み、漁獲生産量の安定化の芽が出てきている状況である

残り本文: 418文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向