印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界定義

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴(図表)

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

主に紙巻きたばこの製造を手がける企業を対象とする。国内たばこ製造を独占する日本たばこ産業(JT)を主に取り扱うが、日本におけるマーケティングをおこなう海外たばこメーカーの日本法人も対象とする。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

国内のたばこ製造はJTが独占。たばこの製造・流通・小売を営む事業者はすべて財務大臣からの許可等が必要で、買取価格は葉たばこ審議会、販売価格は財務大臣によりそれぞれ決定される

残り本文: 293文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

定価での販売が義務付けられており、販売価格の大部分を税金が占める。嗜好性が多様で上位銘柄の集中度は低い。健康リスクがあり、広告や警告表示等に関する様々な規制が存在

 たばこは形態の違いにより、紙巻きたばこ、葉巻きたばこ、刻みたばこ、電子たばこに分類される。紙巻きたばこの市場が圧倒的に大きいが、近年は電子たばこ市場の成長も目覚ましく、注目が高まっている。
 たばこは、JTが財務大臣に許可された設定価格の下、定価での販売が義務付けられている。たばこ1箱あたりの価格構成をみると、国たばこ税、たばこ特別税、地方たばこ税から成るたばこ税が、たばこの販売価格の55%を占めており、その他消費税及び販売店マージンを除いた残り(全体の3割弱)がJTの手取分という構成になっている。
 消費者の嗜好性は多様で、味、香り、価格帯などの違いにより様々な商品が存在し、No.1シェアを誇る銘柄「セブンスター」でも全銘柄に占めるシェアは4%にとどまっている。
 また、たばこには、肺がん、口腔・咽頭がん、喉頭がん等の病気の発症率を高めるといった健康への悪影響が存在し、法律により商品パッケージや広告に警告表示が義務付けられ、条例や自主規制により公共の場では喫煙場所が大きく制限されている。

たばこの主要分類

取扱い商品の主要分類
たばこ1箱(440円)あたりの価格構成比/上位20銘柄のシェア(販売数量ベース)

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

先進国市場の縮小に伴い競争が激化する中、グローバル規模での業界再編が進み、大手数社の寡占状態

残り本文: 119文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは、規制の多い中での効果的なマーケティングによる商品訴求

残り本文: 284文字

紙巻きたばこの代替として、電子たばこへの注目が高まる。日本においては、薬事法の関係上、葉たばこ加熱式のものが主流。

残り本文: 749文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

マーケティングコストなどの販管費率が高いものの、売上原価率が低く、営業利益率は高い。また、製造設備や買収によるのれんが大きく、固定資産比率が高い

残り本文: 386文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

販売数量は2000年代に入り一貫して減少傾向。販売代金は、価格の上昇が販売数量の減少分を補い、横ばいで推移

残り本文: 219文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

男性の喫煙率は60年代後半から50ポイント以上減少。たばこをやめる理由のトップは健康に関するものが圧倒的

残り本文: 330文字

業界環境

マクロ環境

警告表示の義務や広告規制などの様々な規制が存在。たばこ税は貴重な税収源としての役割を担う。健康志向の高まりや禁煙促進により喫煙率の低下が進行する中、拡大する新興国市場、電子たばこ市場に注目が集まる

残り本文: 426文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向