印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/11/09更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/11/09更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/10/01更新

    今後の業界展望

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2018/04/09更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/04/09更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

消費者向けに調理された食料品を提供するサービス

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

テイクアウト、デリバリー

装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

オフィスコーヒーサービス

業界構造・主要企業

バリューチェーン

テイクアウト、デリバリーなど、業態によって流通段階での付加価値の付け方は異なるが、加工(調理)、配達・流通を担う産業

残り本文: 598文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

デリバリーフード業界の取扱い商品・サービスは広義の中食に分類され、商品のバリエーションが多様。オフィスコーヒーサービスはターゲット・商品を特化した業態

 デリバリーフード業界は大きくフードサービスの中では「中食」に位置づけられる。中食は外食と内食(喫食者側で調理)の中間的な概念で、惣菜やコンビニ弁当などの調理済み食品を自宅もしくは職場などで喫食すること、若しくはその食品のことを指す。外食と内食の間にあることから、商品の特徴として代替品が多くなる。また食材や調味料の違いなどプロダクトが細分化しやすいことからも商品数は非常に多くなる。料理を提供するというサービスの特性上、中食領域だけでなく外食や内食などにも代替されやすく、購入時に消費者のかけられる時間やお金によって、中食を購入するか否かの選択は毎回異なることが一般的である。
 したがって、代替品との違いを明確にする商品の差別化が重要となる。テイクアウト・デリバリーについては、調理・配達の付加価値がある分、内食で作る料理より単価は高い。
 オフィスコーヒーサービスについては、逆に商品ラインナップを各社とも絞っている。これは、コーヒーや水は消費者側の商品の違いの認識が明確ではないことから、商品の勝負というよりはマーケティングや商圏の張り方に影響を受ける為である。
 いずれの業界においても、食品を扱う事業として安全・衛生面の管理は厳重におこなわれる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

テイクアウト、デリバリー

装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

オフィスコーヒーサービス

労働集約的なビジネスモデルで参入障壁も低く、多数乱戦の様相

残り本文: 361文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSはリピーターの積み上げであり、ブランディングや良い商圏を獲得する為の立地が重要

残り本文: 350文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

財務構造は飲食店に似るが、流通・配達の付加価値で若干異なる

残り本文: 119文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

持ち帰り・配達飲食サービス業の市場規模はおよそ2,000億円であり、拡大トレンド

残り本文: 296文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

オフィスコーヒーサービスは安定的推移

残り本文: 227文字

業界環境

マクロ環境

【テイクアウト・デリバリー】社会構造の変化による中食市場への追い風。高齢化による宅配ニーズの拡大は注目すべき

残り本文: 388文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

【オフィスコーヒーサービス】オフィス向けは、企業の福利厚生費の増加により追い風。IoTサーバーなどの技術革新も進む

残り本文: 223文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向