印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴(図表)

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2017/11/24更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

トイレタリー業界は、石けん、シャンプー、歯磨き粉などの身だしなみ用品に加え、紙おむつ・生理用品、住居用洗剤、業務用洗剤などの製造・販売企業も対象とする。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

トイレタリー業界は研究開発で培った技術をもとに製品を企画・製造しそれを販売することを主業務とする産業

残り本文: 638文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

トイレタリー業界の取扱商品は家庭用と業務用に分かれる

 トイレタリー業界には大きく分けて個人に対して提供される家庭用商品と、ホテルや美容院、飲食店などの法人に対して提供される業務用商品がある。トイレタリー用品は生活には欠かせない日用品であり、あまり不況の影響を受けず季節性も少ない。しかし様々な代替品と競合し、それらとの価格競争の影響がある。
 家庭用商品としては台所用洗剤や衣料用洗剤・柔軟剤、シャンプー・コンディショナー、石鹸、紙おむつ・生理用品、歯ブラシ・歯磨き粉、マスク、芳香剤・消臭剤、殺虫剤・防虫剤などが挙げられる。一方、業務用商品としてはヘアカラー剤・パーマネントウェーブ剤や業務用洗剤、業務用シャンプー・コンディショナー、歯ブラシ・歯磨き粉などが挙げられる。
 女性用化粧品が伸び悩む中で、男性用化粧品が注目され、近年多くの企業が参入している。例えば、男性用化粧品トップシェアを誇るマンダムの「ギャツビー」、「肌の健康」をテーマに開発された大塚製薬の「UL・OS」、ネイチャーラボの男性用プレミアムケア商品である「MARO」、アンファーの頭皮ケアをおこなう「スカルプD」などがある。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

トイレタリー業界は大手企業による上位寡占の業界で、買い手の交渉力が強い

残り本文: 499文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSはマーケティングミックス

残り本文: 653文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

トイレタリー業界は販管費比率が高く上位集中度の高い業界

残り本文: 513文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

製品の高機能化、単価の上昇が市場拡大を後押し

残り本文: 540文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

注目すべきは少子高齢化の進行、インバウンド需要の高まり、新素材・新技術の開発

残り本文: 450文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向