印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    相関図・業界地図

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

金属製品業界は、主に缶製品、ねじ・工具を製造するメーカーを対象とする。缶製品はアルミ缶やスチール缶、食缶などの食品向けや18ℓ缶、ドラム缶といった工業向けの製品を手がける企業群、ねじ・工具は自動車や電気機械などの産業向けおよび小売店に販売する一般消費者向けの製品を手がける企業群を取り扱う。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

【缶製品】食品向けは大手による寡占状態、工業向けは中小メーカーも存在。大手は飲料メーカーの下請けとして受注生産をおこなう

残り本文: 268文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

【ねじ・工具】中小企業中心でそれぞれの得意分野に分業が進んでいる。一般消費者向けの小売店にも汎用品を販売、チャネルはカタログなど多様化

残り本文: 293文字

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

【缶製品】特徴として輸送コストが高いこと、需要が川下の消費に左右されること、リサイクルが義務付けられていること、代替の脅威があり容器としての差別化が求められることが挙げられる

 缶製品の商品特性として、まず輸送コストが比較的高いことが挙げられる。出荷段階では”空缶”となり効率が悪くなるため、大口取引先に対しては近隣に工場を立地するなどの対策が必要である。またこの理由から輸入品の缶製品の脅威はあまり大きくない。缶製品は商品の”容器”となるため需要は取引先メーカーの商品の販売量に依存している。特に食品向けに関してはビールやコーヒー、果物缶や魚介の缶詰の消費動向によって売上が左右される。また法規制によってリサイクルが義務づけられているという点も特徴として挙げられる。現在日本ではリサイクルルートが確立されており、経済産業省が掲げる「リサイクル率85%以上」という目標も継続して達成されており、特にスチール缶に関しては90%以上を維持している。

【ねじ・工具】汎用品は海外品の流入によって衰退し、高品質な”ものづくり”が求められる

 ねじ・工具の商品の特徴は、品質の高さが求められる点である。低価格で勝負する海外輸入品の流入によって、大量生産をおこなう日系メーカーは軒並み衰退している。その中で、いまだに中小メーカーが生き残っているのは、職人の技術に支えられたものづくりのレベルが卓越しているためである。自動車や電子機器といった高い精度を求められる買い手にとって、この部分は代替しがたい価値となっている。例えばロケット発射の衝撃に耐え、瞬時に切り離しが可能な”宇宙用超精密ファスナー”や世界最小の”超微細マイクロファスナー”などは中小メーカーの”ものづくり”によって生み出されている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

【缶製品】圧力の強い売り手と買い手に挟まれる構造。KFSは多様なラインナップで買い手の商品の価値を高める”売れる容器”の提案

残り本文: 527文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

【ねじ・工具】中小企業メインで売り手買い手が大企業、海外の低価格品が台頭し競争が激しい。KFSはハイエンド品を求める成長産業への集中

残り本文: 380文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

装置型産業が主体のため粗利率が低く大量生産の構造。設備投資は大きくなく財務的に安全性が高い。缶製品は高度な寡占産業

残り本文: 531文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

市場規模は5.4兆円。全体トレンドは川下の産業の業績に左右され、足元は自動車の好調が寄与し回復。缶製品はアルミ缶が堅調

残り本文: 753文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

一般消費者向けは社会動向、産業用は景気や技術動向に大きな影響をうけている

残り本文: 637文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向