印刷する

文書最終更新:2019/02/26

  • 2019/02/26更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界定義

  • 2018/04/11更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/11更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/11更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/04/11更新

    今後の業界展望

  • 2018/04/11更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/11更新

    マクロ環境

  • 2017/11/24更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

主に製造業で利用される金型・工作機械、産業用ロボットの製造を手がける企業を対象とする。なお、金型はプレスや鍛造、鋳造によって金属、プラスチックなどの材料を成型するための型であり、工作機械は材料を切削・切断等の加工をおこなう機械、多関節ロボットは産業用ロボットの一種で、水平方向・垂直方向にアームが動作し、必要動作をおこなうロボットのことを指す。

業界特性

グローバル業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

多関節ロボット、金型

装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

工作機械

業界構造・主要企業

バリューチェーン

顧客に対してカスタマイズが必要な金型・多関節ロボットについては直販が中心、工作機械は一次店や代理店を介す形。近年では中古流通も活況である

残り本文: 577文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

顧客の多様な製造工程・商品仕様に対応するため、多品種少量生産が基本。金型、工作機械、多関節ロボットのいずれにおいても高度な技術力を要する

 いずれの業界においても顧客の多様な製造工程・商品仕様に応じて対応する機械が異なるため、多種多様な商品が存在している。
 金型については、材料や加工方式によって分類が可能である。金属加工用についてはその加工方式によって、プレスにより成型するプレス用、鍛造用、材料の流し込により成型する鋳造用に分けられる。また金属以外の材料では、各種プラスチック工業品を成型するプラスチック用金型、ボトルや瓶を成型するガラス用金型、自動車用部品を成型するゴム用金型に分類ができる。いずれの金型においてもマシンニングセンタをはじめとした多様な装置が使用されるが、3次元CADやCAMを利用したデジタル型の加工と併せて熟練技術者による手作業での加工が必要であり、必要とされる製造技術力は非常に高い。また金型の種類や大きさによっても設計・製造技術が大きく異なることから各社が専門分野に特化している。なお、一つの金型は数十万円のものから数千万円のものまで、種類・大きさによって多様である。また、製造期間は大型・複雑なもので6ヶ月程度かかる。
 工作機械については、下図のようにいくつかの機種へと分類が可能であるが、同一の機種でも仕様が異なり、その仕様まで含めると多様な商品が存在する。主なものは円柱状の材料を削る旋盤、材料に穴をあける為のボール盤、材料表面の切削加工をおこなうフライス盤、各種加工機能をもつマシニングセンタなどが主要な工作機械である。その耐用期間は長く、償却期間は一般的には10年程度、現場では20年以上も使用されている機械もある。また製造リードタイムも長いことが一般的で、製造に1年程度かかるものもある。工作機械には手動型のものと自動型のものがあるが、近年では後者の進化が急激である。基幹部品としてNC(Numerical Control)装置があるが、この装置により設計図通りに正確な加工を自動でおこなえるようになった。近年では日本製工作機械の9割がNC装置をつけていると言われており、国内外で自動化の流れが進んでいる。
 多関節ロボットについても、その作業内容によっていくつかの分類ができる。樹脂の射出成型で利用される樹脂成型ロボット、溶接で利用される溶接ロボット、半導体の組み立てで利用される半導体実装ロボット、機械加工で利用される機械加工ロボットなどが代表例である。ロボットについては、ロボットの外殻を構成する構造部、駆動部品や電動部品から成る機械部、システム制御を行う電気制御部、各種センサーを備えた検出部から構成される。精密モーターや制御システムなど、設計・製造で高度な技術が必要とされる。また定期的にメンテナンスが必要であり、アフターサービス需要が安定的に発生する商品でもある。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

グローバル業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

多関節ロボット、金型

装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

工作機械

高い設計・製造技術力とノウハウを持つことが他社との差別化の観点で重要。競争状況は、新規参入からは守られており、その技術力により中小企業でも安定的な地位にいるプレイヤーが多い

残り本文: 505文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

製造原価が高く、販管費が低いことがP/L上の基本構造。原料鋼材の組立度合いの低い金型ほど原価比率は高くなる。B/S上は売掛金・仕掛品の割合が高いことから流動資産が多い

残り本文: 520文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

金型、工作機械、ロボットについてのいずれも数千億以上の市場規模。推移は類似しており、リーマンショックの影響で大きく落ち込みながらも後の景気回復に伴い市場は拡大傾向にある

残り本文: 675文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

景気回復に伴い、2011年以降は追い風が吹いている状況。ただし、中国・台湾・韓国メーカーの台頭、技術者の高齢化に伴う技能伝承の課題、またAIなどの技術革新による競争ルールの変化については注視する必要がある

残り本文: 626文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向