印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2017/11/24更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

鉄道や道路に設置される信号や看板・電子表示器を製造する企業を取り扱う

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

鉄道信号は鉄道会社、道路信号は公安委員会がそれぞれ納入先となる。看板・電子表示器は商業施設や公共施設向け

残り本文: 456文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

信号は高い視認性と制御の安定性が求められる。看板・表示器は視認性の高いLEDへの代替、レガシーな表示器はサイネージへの代替が急速に進む

 信号は大きく分けて鉄道信号と道路信号の2種類に分類できる。鉄道信号は列車の停車場への侵入可否を示す場内信号機、停車場からの出発可否を示す出発信号機、踏切への侵入可否を示す閉そく信号機が主な製品となる。いずれも間違った信号を表示すれば大事故につながる可能性があることから、高い視認性、稼働安定性や統御の安定性が求められる。道路信号については、交通整理の為の一般的な交通信号機、高速道路などに設置され混雑情報や工事情報を表示する情報表示板、また交通情報の収集・分析をもとにした統御をおこなう交通管制システムがある。鉄道信号と同様、誤った信号情報を表示すれば大事故につながるリスクがあることから、視認性や安定的な稼働が求められる製品である。近年では視認性が高く安定稼働がおこなえるLEDの信号が普及し、切り替えが進んでいる。また日本では都市部を中心として道路混雑が深刻であり、交通をうまく制御する装置へのニーズは高い。
 表示器については看板と電子表示器の2種に分類ができる。看板は街中でもよく見られるようにビルの屋上に設置する屋上広告用の看板、ビル壁面に設置する壁面広告用の看板、また店舗名などを壁の壁面から突き出す形で表示する突き出し看板などがある。基本的には簡易な仕組みで製造されており、プラスチック板に広告内容を印刷し、後ろから電球で光らせたり、看板周りに電球を設置したりする製品がある。設置目的が企業の広告目的であるため、受注は商業施設などの顧客の業績状況に左右される。電子表示器は目的別に交通・安全用と広告宣伝用に分けられる。工事現場の安全表示の為に用いられるケースや鉄道駅構内の発車情報を表示するケースなどが代表例である。広告宣伝用については文字を電球により表示するものが代表例である。広告宣伝用については、近年は利便性の高い電子看板(サイネージ)に置き換わりつつあり、掲載情報の自由度が高く視認性も高いため、需要が伸びている。また小売店舗のレジ前に設置される小型のものからビル壁面に設置される大型のものまでディスプレイの大きさは多彩である。掲載内容をリアルタイムに変更することができることからレガシーな看板やポスターについてはサイネージへの代替が起こっている状況である。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

信号も看板も多品種少量生産が基本。信号は激しい競争からは守られているが、業績は顧客業界の業績に大きく依存、看板・表示器は特に商業用で他広告媒体への代替がリスク

残り本文: 628文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

信号業者は原価水準が高く、看板・表示器は販管費率がやや高い。いずれも労働集約的な性質を持ち、流動資産の比率が高い傾向にある

残り本文: 573文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

信号市場はLED信号への切り替えや北陸新幹線の金沢開通にともない拡大傾向にあったが、近年は落ち着いている。看板・表示器は景気に連動して近年は市場拡大傾向にある

残り本文: 473文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

信号市場は、政府や鉄道会社の施策により追い風が続いた。看板・表示器はデジタル技術の進展にともなう既存技術の切り替えは起こりつつも、景気回復にともない外圧は取り除かれつつある

残り本文: 577文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向