印刷する

文書最終更新:2019/03/27

  • 2019/03/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/26更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/11/09更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図

  • 2018/11/09更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/11/09更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

衣類や家具・インテリア、文房具など日常生活に必要な広範囲の商品を製造・販売するメーカーを対象とする。主に自社ブランドを保有し、小売店を経営する大手企業を取り扱う。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

自社ブランドのもとに生活に関する幅広い商品を取り扱う。企画・製造など川上に進出するケースも多い。消費者の好奇心を刺激する空間作りに力を入れている

残り本文: 570文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

魅力的な商品ラインナップが優位性に繋がるが、品目数が多いため在庫管理が重要。「気軽に入る」購買行動を捉えるためレールサイド立地が主流

 生活雑貨業界の取扱商品の例として、良品計画の2017年度の売上高における商品セグメントの構成比を参照する。これをみると、日常生活に必要なものをジャンル問わず幅広く扱っていることがみてとれる。それぞれの企業によってどのジャンルに比重を置くかが異なり、ヴィレッジヴァンガードは書籍やCD、ロフトは文房具といったかたちで、ブランディングに合わせて商品ラインナップが異なる。
 このように幅広い商品を取り扱う事から、商品自体の差別化よりも商品の品揃えによる差別化の可能性が大きい。「何か発見があるかもしれない」といった消費マインドに応えられる魅力的な品揃えが求められているのである。また特徴として、在庫管理が非常に難しい点が挙げられる。売れ筋の商品だけを扱うわけにはいかないため、常に多くの品目を抱える必要があり在庫過多に陥りやすい。良品計画はその対策として、同一ジャンルの品目数を極力抑える努力をおこなっている。
 店舗立地は、駅ビルや都心部の路面店などレールサイド立地が主流である。理由として、生活雑貨店に入る消費者の心理は、何か決まったものを買いに来るのではなく、ショッピングや通勤・通学の合間などに「気軽に入る」利用シーンが多く想定され、集客のしやすいレールサイド立地が好まれる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

競争は非常に激しく、一般消費者の交渉力も高い。店舗ブランドとして顧客ロイヤリティを高めることが求められる

残り本文: 363文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFS:ニーズに対応した商品ラインナップの維持と効率性の両立、一貫したコンセプトによる提案型の価値訴求

残り本文: 883文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

主要3社の財務状況は好調・不調の二極化。好調企業は投資が売上高増加に寄与し負債も少なく好循環だが、不調企業は在庫過多により資金繰りが厳しく悪循環を生じている

残り本文: 685文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

市場規模はおよそ1.2兆円。長期的には縮小トレンドだが、インバウンド需要を追い風に足元では復調

残り本文: 465文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

業界環境に影響を与える要因は、消費者ニーズの変化、人口トレンド、景気、インバウンド、オムニチャネルなど多数存在

残り本文: 770文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向