印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図

  • 2018/11/09更新

    マクロ環境

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/04/20更新

    相関図・業界地図

  • 2018/04/20更新

    マクロ環境

  • 2018/04/20更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/04/11更新

    相関図・業界地図

  • 2018/04/11更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/11更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/11更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/11更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/04/11更新

    今後の業界展望(図表)

  • 2018/04/11更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/11更新

    バリューチェーン

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

メガネ・メガネ用レンズ・コンタクトレンズの製造・販売を主業務とする業界

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

メガネ・コンタクトレンズ業界、メーカーがメガネ・レンズの企画・製造をおこない、卸売業者を通して小売販売する業界

残り本文: 908文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

メガネ・コンタクトレンズは低回転・高粗利の商品特性を持ち、顧客ニーズと商品のフィット感が重視される商品。近年では視力矯正だけでなくファッション性の高い商品や特別な機能を付加した商品が人気

 メガネ・コンタクトレンズ業界の商品はメガネとコンタクトレンズに分けられる。
 メガネは視力矯正用メガネ、伊達メガネ、サングラスなどが挙げられる。メガネはもともと医療関連器具であったという製品特性上、商品の回転率が低く粗利益が高い商品であり、ジュエリーなどと同様に丁寧な接客とカウンセリング、フィッティングをおこなったうえで販売する。そのため、対面販売により低回転率ながらも高単価で販売をおこなう中小のメガネ店やチェーン店が多い。ただし、近年ではメガネの中でも顧客が自ら商品を選ぶセルフ販売方式により比較的高回転率・低単価で販売する「眼鏡市場」「Zoff」「JINS」のような店舗も増加している。高価格帯メガネの主な利用者は老眼など目の不調を抱えやすい40代以上の中高年であり、高齢者ほどレンズのカスタマイズが必要であることから単価が上がりやすい。
 以前は、メガネは視力矯正を目的に利用されていたが、メガネがファッションとして認識されたことやスポーツ人口の増加などによりファッションメガネ(ChanelやTom Fordなどインポートブランドのメガネやサングラスなど)を購入する人が増加している。また、3段階に定められた価格でメガネを販売する3プライスプレイヤーであるZoffの「着替えるメガネ」など、低価格のファッションメガネも浸透している。低価格チェーンの進出による競争の激化などを背景に、パソコンなどから発せられるブルーライトから眼を守る「JINS PC」や軽さとかけ心地を追求した「フリーフィット」などの機能性を高めたメガネの人気も高まった。最近ではメガネ型ウェアラブルデバイスも発売されるなど、更に高機能な製品が生まれている。
 コンタクトレンズには視力矯正用コンタクトレンズのほか、瞳の色を変えるカラーコンタクトレンズ、瞳を大きく見せるサークルレンズなどがある。コンタクトレンズの主な利用者は20代・30代の若年層が中心で、瞳のおしゃれのためにカラーコンタクトレンズやサークルレンズを利用する人が増加している。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

メガネ・コンタクト業界は、低価格プレイヤーの台頭にともない競争状況は厳しい状況

残り本文: 518文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは高付加価値な製品・サービスの提供

残り本文: 884文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

粗利率が高く、高単価な製品のニーズ拡大で収益性は向上

残り本文: 600文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

メガネ・コンタクト市場は縮小傾向

残り本文: 377文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

注目すべきはSPA事業者の台頭、低価格帯・高価格帯商品への顧客ニーズの二極化、Eコマース市場の拡大

残り本文: 647文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向