印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    相関図・業界地図

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    バリューチェーン

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/23更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/23更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

リサイクルショップ業界は、主に一般消費者や業者から一次流通した新古品(未使用のもの)および中古品を買取り、一般消費者向け、または業者向けに販売する企業を対象とする。販売する商品は家電や家具、衣類、時計やバッグなどのブランド品、書籍、金券やチケットなど。(中古自動車に関しては、中古車流通業界を参照)

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

古物商の営業許可を受け、直営店、フランチャイズ店、ネット店舗を通じて多種多様な中古品の買取・販売をおこなう。BtoB専業も存在

残り本文: 474文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

ブランド品を中心に多種多様な商品を複数チャネルで扱う。サービスの特徴は棚に並ぶ商品が仕入れに依存すること、買取には高度なノウハウが要求される

 リサイクルショップ業界の取扱い商品として、環境省の「リユースの市場動向調査」より市場における商品の構成比と、取扱いチャネルとして同調査よりチャネル別の構成比を参照する。取扱い商品は多種多様であり、大きな割合を占めるのはブランド品である。また近年はインターネット店舗の台頭によって買取チャネル、販売チャネルのともに多様化している。
 商品の特徴としては中古品という特性上、商材の調達が安定的でないため陳列する商品が仕入れに依存することが挙げられる。引越しシーズンやクリスマスなど買取需要が増加するなど、季節変動に対応する必要があり在庫不足や過多などの状況に陥るリスクもある。また安定的に売れ筋商品を仕入れるために、インターネットや買取センターなど多様な消費者接点を構築する必要がある。
 また買取に関しては、一般消費者からの買取がメインとなっており、商品の状態によって価格は変動するが、おおむね定価の5~15%といわれている。買取の査定の際は、商品の状態や売れ筋かどうかなどを判断する必要があるため、ある程度は買い取り価格表で基準化・標準化できるものの、最終的には人の目による属人的なノウハウを必要とする。そして取り扱う商品のジャンルが広がると、それだけ広い分野でのノウハウを確保する必要があるという点も重要である。また買取にあたり身分証の提示や未成年の場合親権者の同意などが古物営業法により定められているが、盗品・偽造品のリスクは常に存在し、各社リスク対策の研修などによる人材の育成やマニュアル化などに取り組んでいる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界が比較的新しく、多数乱戦の状況。インターネットの台頭により競争は激化

残り本文: 507文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは2つ:商材の仕入れ力と一貫した業態コンセプト訴求による差別化

残り本文: 1036文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

中古品を扱うため粗利率の高さが特徴。在庫が多くなりやすいため流動比率が高く、回転差資金が期待できないためキャッシュ不足に陥る企業も存在

残り本文: 651文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

市場規模はおよそ1.1兆円で、インターネットチャネルは現在も拡大トレンド。大型事業所が増え成長市場から成熟市場へシフト。直営店とFC店の比率は変化なし

残り本文: 527文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

業界に影響を与えるマクロ要因は消費者の志向の変化。近年の節約志向や中古品への信頼の増加は成長を後押し。リスクはCtoCの台頭

残り本文: 633文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向