印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/04/11更新

    相関図・業界地図

  • 2018/04/11更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/11更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/11更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/11更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/04/11更新

    今後の業界展望

  • 2018/04/11更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/11更新

    マクロ環境

  • 2018/04/11更新

    バリューチェーン

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

電気やガスを供給する事業者を対象とする

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

電力・ガスともに大手が送配電や導管といった中核的な設備を持つ構造となっている

残り本文: 825文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

電力における送配電、ガスにおける導管は、大手による独占状態を解消する方向に向かいつつあり、事業者の競争促進が期待される

残り本文: 355文字

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

電力は供給が安定している火力発電が主流であるが、今後は再生可能エネルギーを利用した発電が期待されている。ガスは都市ガスとプロパンガスで価格の決まり方や利用する上での利便性が異なる

 電力の特徴として発電方法別のメリット・デメリットを説明する。現在、国内の主要の発電方法となっている火力発電は、高い出力と安定した発電が可能というメリットがある反面、二酸化炭素を多く排出するという問題がある。また、原子力発電も安定した発電が可能となっているが、廃棄物の処理や事故が起きた際のリスクが大きいため現在の発電量は少なくなっている。一方、水力発電や太陽光発電は再生可能エネルギーと呼ばれ、環境に優しい発電方法として注目されている。現時点では発電設備の構築に膨大な土地と費用を要することに加えて、発電量が不安定なため安定供給が難しいなど多くの課題を抱えているが、今後、火力発電から再生可能エネルギーを利用した発電に切り替わることが期待されている。

 ガスに関しては都市ガス(LNG)と液化石油ガス(LPG、プロパンガス)を比較する。都市ガスは原料費調整制度(貿易統計にもとづく3ヶ月の平均原料価格を基準となる原料価格と比較してガス料金を調整すること)により、価格が適正な範囲でコントロールされているが、ガス会社ごとに規格が違うため、同じコンロや給湯器であっても場所によって使えない場合がある。一方、プロパンガスは自由料金のため、ガス会社の価格設定が適正かどうかは利用者にとって判断しづらくなっているが、ガス自体は全国共通のためLPG用のガス器具を買えばどこでも利用可能というメリットがある。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

電力・ガスともに自由化以降に料金設定のしくみが変わったことで競争が促されている

残り本文: 631文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは料金面やサービス面での他社との差別化およびコスト削減による利益の追求

残り本文: 420文字

リスクは天然ガスや石油といった資源の価格変動

残り本文: 251文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

電力会社は原子力発電の停止による影響から回復。装置産業のため固定資産が大きく、資産に対する効率性は低い

残り本文: 404文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

電力は原子力発電所が停止したことで、火力発電の占める割合が再び高くなっている。ガスは工業用が占める割合が大きく石油系燃料の代替として増加傾向にある

残り本文: 681文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

電力は法改正や規制緩和により参入事業者が増加し、競争環境は激しくなる。ガスは今後の動向に注目が必要

残り本文: 723文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

再生可能エネルギーはFITの導入により普及し始めているが、問題点も多い

残り本文: 698文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向