印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/10/01更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

テレビ放送を用いて商品を販売することを主業務とする企業を対象とする。

業界特性

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

テレビ通販業界はテレビ番組などを通して商品を個人に販売

残り本文: 537文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

テレビ通販番組は放送形態によりいくつかのタイプに分類される

 テレビ通販業界はまず、放送枠により3つのタイプある。チャンネル枠を使うもの、番組枠を使うもの、そして広告枠を使うものである。チャンネル枠では24時間テレビ通販番組を流し続けるテレビ通販専門チャンネル、番組枠では番組内のショッピングコーナーがある。広告枠を使うものはさらに細分化され、番組間に放送されるスポット広告型、商品情報をスポット広告より長く紹介するインフォマーシャル型がある。
 事業者の類型との対応でみると、ジュピターショップチャンネル、QVCといった通販専門放送事業者は通販専門チャンネルを中心に番組型を組み合わせて利用している。オークローンマーケティング、サントリーウェルネスといったテレショッパーはスポット、インフォマーシャルのいずれかの広告枠、テレビ局系は番組型、といった色分けになる。スポット広告型は商品の紹介時間が短いなどの制約があるいっぽうで、通常のテレビ視聴の合間に入り込めるため、出会い頭の衝動買いを誘発する効果も高く、この枠からも多数のヒット商品が生まれている。
 また、取り扱う商品は様々で、健康食品、アパレル、美容・化粧品、家電製品、フィットネス器具などがある。家電を除くと、原価率の低い商品が多く、媒体や番組制作の費用、コールセンターや物流といったフルフィルメントのコストを負担してもなお利益が捻出できる商品が選ばれているといえる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

テレビ通販業界において幅広い商品ラインナップとプロモーションが重要

残り本文: 512文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

テレビ通販業界のKFSは「フローの獲得」と「フローをストック化する仕掛け」

残り本文: 330文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

媒体費用、番組制作費、フルフィルメントコストなど、多額のマーケティング費用を負担しており、それらを吸収できる粗利を稼ぐ必要がある

残り本文: 454文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

テレビ通販市場は約5,000~6,000億円と推測され、成長は頭打ち。CATV、BS/CSの普及がおおむね行き届いたことが背景

残り本文: 442文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

注目すべきは40~60代の女性の増加とCATV・CS放送・BS放送の普及

残り本文: 582文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向