印刷する

文書最終更新:2019/03/27

  • 2019/03/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴(図表)

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

クリーニング業界は衣料品を集めてクリーニングし、クリーニングが終了した商品を保管して個人や法人に届けることを主業務とする業界を対象とする。これらのクリーニング業者に加え、コインランドリー事業者、リネン事業者についても記述する。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

クリーニング業界は、「クリーニング」、「コインランドリー」、「リネンサプライ」の3つに分けられる

残り本文: 745文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

クリーニングにはランドリー、ドライクリーニング、ウェットクリーニングがある

 クリーニング全体において、クリーニング方法別で分類を見ると、ランドリー、ドライクリーニング、ウェットクリーニングがある。ランドリーとは、水や業務用洗剤を用いて、洗濯機の力で汚れを落とすクリーニングで、主にワイシャツや白衣などのクリーニングに利用される。ドライクリーニングとは、水ではなく溶剤を使用するクリーニングで、ウールやシルク、立体的な縫製など壊れやすいもののクリーニングに利用される。ウェットクリーニングとは、本来はドライクリーニングすべき衣類などを水洗い(一般的には手洗い)するクリーニングで、水溶性の汚れの多いものなどのクリーニングに利用される。現在はドライクリーニングが中心となっている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

クリーニング業界は装置型産業で、競争環境は厳しい

残り本文: 619文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは良い立地への出店と付加価値の高いサービスの提供

残り本文: 397文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

クリーニング業界の利益率は低水準で、さらに悪化

残り本文: 472文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

クリーニング施設数は減少傾向にあるが、コインランドリー施設数は増加

残り本文: 490文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

注目すべきは家庭の洗濯事情の変化、共働き家庭の増加、ホテルの稼働率の上昇など

残り本文: 506文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向