印刷する

文書最終更新:2019/03/27

  • 2019/03/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/03/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/11/09更新

    今後の業界展望

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

当業界は、文部科学省の定める私立学校法に基づき私立学校を設置、運営する学校法人を取り扱う。私立学校の分類は幼稚園、小学校などの初等教育から大学、短期大学などの高等教育機関までが含まれる。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

学校法人は私立学校を設置、運営し学生に教育を提供する。そのための重要リソースが教職員

残り本文: 170文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

学校法人は許認可事業であり、一般的な企業とはしくみが大きく異なる。

残り本文: 378文字

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

私立学校には幼稚園から大学までの分類がある。国公立大学は独立行政法人化している

 学校法人の運営する私立学校の分類は以下の図のようになっている。下記の分類の中で、大学と高等専門学校は文部科学省、それ以外は全て都道府県や市町村の地方自治体が管轄している。下図で国公立大学と短期大学を色付けしているのは、2004年4月に国公立大学が国立大学法人法により独立行政法人に移行したためである。大学それぞれの特色を出すための権限移譲というのが背景にある目的である。学校法人に比べるとまだ所轄庁に権限が残っているかたちだが、それぞれの法人が個性を伸ばす自助努力が期待されている。

教育需要は底堅く、生徒確保がカギとなる。学生が学校を選ぶ基準はブランド力と生徒それぞれのニーズとのマッチである

 教育というサービスの特徴としては、まず需要は常に一定量存在する事が挙げられる。先進国では、教育の必要性が広く一般に認められており、社会に子供がいる限りは無くなることはない。収入の構造としては授業料などの学生納付金が半分を占める。入学が決定すれば基本的に授業料収入を継続的に確保できるため、ストック型の事業と言えるだろう。そのため入学する学生をいかに確保するかが安定的な運営のカギとなる。学生が学校を選ぶ基準としては、カリキュラムや教員の質などの教育制度、これまでの学校の歴史、立地、教育レベル、施設の充足など多岐に渡る。それらの要素が複合的に作用し、学校のブランド力が形成される。一般的には歴史の長い学校ほど有力なOBの存在、親世代での評価の定着があることから、知名度や教育レベルで有利な状況となっている。また、学生それぞれの教育レベルや志望する学部などニーズは細分化しており、それらに応えていくことが求められている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

KFSは、組織運営能力を確保し、学生を増やすためのブランド力を築く適切な経営資源の配分

残り本文: 1043文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

市場が成熟するなか、上位ブランド校が競争をリード

残り本文: 402文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

企業会計とは異なり、安定性が求められる。近年では事業収入や寄付金収入など、自前財源の確保が必要

残り本文: 867文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

学校は基本的に人口トレンドに連動して推移する。大学だけは進学率の向上を背景に増加

残り本文: 543文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

業界環境は人口トレンドに大きな影響を受ける。人気校と不人気校の格差が広がり淘汰の傾向である。一方でICT活用や先端研究で話題性のある学校も出現

残り本文: 1030文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向