印刷する

文書最終更新:2019/04/22

  • 2019/04/22更新

    市場最新トレンド

  • 2019/01/23更新

    全産業内での位置づけ

  • 2019/01/23更新

    主要企業

  • 2019/01/23更新

    市場最新トレンド

  • 2018/10/26更新

    市場最新トレンド

  • 2018/10/18更新

    市場最新トレンド

  • 2018/07/23更新

    市場最新トレンド

  • 2018/07/23更新

    市場規模

  • 2018/03/28更新

    全産業内での位置づけ

  • 2018/03/28更新

    市場最新トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場最新トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

以下の業界(3業種)に所属する企業群

当業界の全産業内での位置づけ

エネルギー産業は名目GDPに対して就業者数が少ない資本集約型の産業

 エネルギー産業の名目GDPは14.2兆円であり、国内の産業全体に占める割合は2.6%となっている。一方、就業者数は29万人であり、産業全体に占める割合は0.4%となっている。名目GDPの大きさのわりに、就業者数が少ない理由としては、エネルギー産業が資本集約型の産業であることが挙げられる。資本集約型の産業とは、事業活動を営む上で、労働力より資本設備への依存度が高い産業のことであり、例えば、電気業であれば電力を提供するための発電所と電線網を整備し、維持管理のコストをかければ経常的に大量の人員を雇用しなくても事業活動を継続していくことが可能となる。

産業別名目GDP(2017年)
出所:内閣府「国民経済計算」より集計
業種別就業者数(2017年12月)
出所:厚生労働省「労働力統計」より集計

業界構造

海外で開発・採掘された資源を輸入して、精製・加工する産業

残り本文: 251文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界構造 業界構造 石油 石炭・鉱石 電力・ガス・熱供給

市場規模

国内全体としてのエネルギー需要は減少に向かいつつある中で、原子力発電の停止を補う形で石炭や天然ガスの需要は安定的に推移

残り本文: 281文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

エネルギー源別一次エネルギー総供給の推移
出所:経済産業省資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」

市場最新トレンド

発電量は堅調に推移しており、一部の原子力発電所の再開後も火力発電中心の構造は変わらない

残り本文: 274文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

発電実績の推移
出所:経済産業省資源エネルギー庁「電力調査統計」

業界環境に関する論点

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ