印刷する

文書最終更新:2018/10/18

  • 2018/10/18更新

    市場最新トレンド

  • 2018/10/18更新

    市場規模

  • 2018/07/23更新

    市場最新トレンド

  • 2018/07/23更新

    市場規模

  • 2018/04/09更新

    主要企業

  • 2018/03/28更新

    全産業内の位置づけ

  • 2018/03/28更新

    市場最新トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場最新トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

当業界の全産業内での位置づけ

生活用品業界は、規模は小さいながらも最終消費者の豊かな生活を支える業界。国内消費が低迷するなか、日本企業のグローバル展開も注目されている

 生活用品業界の経済規模は名目GDPで8,738億円、就業者数で14万人となっており、他の業界と比べると比較的小さな業界である。家具・インテリアや文具、生活雑貨などを中心に顧客の生活に密着した商品を提供していることから、最終消費者の認知の高い企業が集まる業界である。製品の原料調達先である化学業界や、商品の販売先である小売・卸売業界との関連が深い。また、雑貨販売の代表企業であるロフト、良品計画、東急ハンズなどはその品揃えや取扱商品の品質の高さから、海外でも人気があるためアジアなどを中心に展開をおこなう企業も存在しており、グローバル規模で日本企業が注目されている分野でもある。

産業別名目GDP(2016年)
出所:内閣府「国民経済計算」より集計
業種別就業者数(2017年12月)
出所:厚生労働省「労働力統計」より集計

業界構造

生活用品業界は、日用雑貨製造販売、買回雑貨製造販売、リサイクル店に分類ができる。最終消費者との接点を活かしたSPA型の企業も多く、生活密着の提供価値を高める構造をつくる企業もある

残り本文: 356文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界構造 業界構造 家具・インテリア 玩具・ベビー用品 スポーツ用品 生活雑貨 文具・事務用品 メガネ・コンタクト 書籍・音楽・ゲーム ペット リサイクルショップ

主要企業

生活用品業界への参入企業は、商品販売に最終消費者の認知が重要であることから、一般的によく知られた企業が多い。消費者ニーズに合う商品を展開する必要があることから内資系企業が多い

残り本文: 320文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

市場規模

生活用品の市場規模は数兆円規模であり、長期的には縮小傾向にある。人口の伸び悩み、経済危機、通販の拡大、コト消費への移行など、景気が回復しても消費は伸び悩んでいる状況にある

残り本文: 331文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

工業統計における家具・装備品、その他の製品の出荷金額推移
出所:経済産業省「工業統計」

市場最新トレンド

生活用品の動向は近年安定。玩具や文房具は新商品の継続的な投入による買い替え需要の拡大をうけ、増加傾向にある

残り本文: 341文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

主な生活用品の販売金額月次推移
出所:経済産業省「生産動態統計」
主な生活用品の販売金額昨年対比の月次推移
出所:経済産業省「生産動態統計」

業界環境に関する論点

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ