印刷する

文書最終更新:2018/07/23

  • 2018/07/23更新

    市場最新トレンド

  • 2018/07/23更新

    市場規模

  • 2018/03/28更新

    全産業内の位置づけ

  • 2018/03/28更新

    市場最新トレンド

  • 2018/03/28更新

    市場規模

  • 2017/09/20更新

    市場最新トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

当業界の全産業内での位置づけ

建設産業はサービス業を除く全産業中で最大の産業であり、全就業者数に占める割合も多い

 内閣府が公表する「2016年度国民経済計算」によると建設産業の名目GDPは29.7兆円となっている。建設産業は、不動産業や法人サービス業などのサービス業を除くともっとも大きな産業とであり、全体の6.1%を占めている。就業者数をみても、フード産業、医療・介護産業に次いで多い494万人となっており、こちらは全産業の中の7.6%を占めている。労働集約的なビジネスであり、人的労働力への依存が高く、資本による効率化は進んでいない。

産業別名目GDP(2016年)
出所:内閣府「国民経済計算」より集計
業種別就業者数(2017年12月)
出所:厚生労働省「労働力統計」より集計

業界構造

建設業界は建設に関わる材料・設備の製造、流通、設計・施工という流れで事業者がわかれている

残り本文: 265文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ


業界構造

主要企業

手がける建造物や材料・設備によって主要な事業者は異なる

残り本文: 310文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ



市場規模

建設投資額は長期的には減少傾向にあったが、近年は横ばいから上向きへ

残り本文: 323文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

建設投資額の推移
出所:国土交通省「建設投資見通し」

市場最新トレンド

建設業は2010年と比較して好況となっており、特に民間の非住宅建築が好調を牽引

残り本文: 313文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

建設業活動指数の推移(季節調整済指数、2010年=100)
出所:経済産業省「建設業活動指数」
着工新設住宅戸数の推移(季節調整値)
出所:国土交通省「住宅着工統計」

業界環境に関する論点

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界分類

※()は小分類数