印刷する

文書最終更新:2018/04/11

  • 2018/04/11更新

    今後の業界展望

  • 2018/04/11更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/11更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/11更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/11更新

    バリューチェーン

  • 2017/11/24更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

重機・重電を対象とする

業界特性

グローバル業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

重機械業界はインフラ系企業に対して重機械設備をプロジェクト型で製造・組立し提供する企業で、参入プレイヤーは国内でも代表的な企業が多い

残り本文: 428文字

小分類レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。
有料版は、月額 6,000円/ID(税抜)~の年間契約となります。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

重機械業界は大きく5つの領域に分類できる。いずれも大型・長期・高額となるため、プロジェクトマネジメントやリスク回避のためのファイナンスの仕組みが重要となる

 重機械業界は幅広い業界であるが、その製造する機械の種類によって大きく5つのカテゴリに分類ができる。
 一、電力会社向けの設備にあたるボイラやタービン、原子力装置などが主な商品となるエネルギー・環境領域。
 二、航空・鉄道・海運会社に向けて船舶や鉄道車両、航空機などの輸送機関の中でも大型の機械を扱う交通・輸送領域。
 三、石油化学メーカー向けの石油精製プラントや水道会社向けの水処理設備などに代表されるプラント設備領域。
 四、建設・大手製造業向けにクレーンや産業用機械を製造する機械・インフラ領域。
 五、防衛省、自衛隊、JAXAなどに戦闘機・ロケット・戦艦などの軍用設備・先端設備を製造納入する防衛・宇宙領域がある。
 いずれの領域においても製造は大規模・長期にわたり、重厚長大産業の代表格といえる。受注後の製造・組立・試運転などで一般的には1~3年の期間を要する。また、各領域において必要な技能が異なり、かつ熟練技術が必要であることから関係者も多い。関係者が多く工程が複雑・長期なためプロジェクト管理が重要であり、その巧拙がプロジェクトの成否を決める。受注金額も高額となり多額の運転資本も必要なことから大きな完工リスクを負うことになることから、銀行や官公庁を巻き込んだファイナンスの仕組みを設けている企業も多い。導入した設備は長期的な安定稼働が求められるため、他の機械機器同様メンテナンス需要は一定の比率存在し、安定的な収益源となっている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

出所:主要各社WEBサイトを参考に当方作成

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

グローバル業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

参入企業の経営を行う上では長期的な視野での事業ポートフォリオ管理が重要となる。競争環境は安定しており、既存の大手参入業者以外の参入障壁は高い

残り本文: 653文字

小分類レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。
有料版は、月額 6,000円/ID(税抜)~の年間契約となります。

有料版のサービス詳細へ

当業界の業界構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

売上原価の比率が高く、営業利益率は高くはない。資産として流動資産が多いが、長期化しがちなプロジェクト型のビジネスであることを背景としている

残り本文: 465文字

小分類レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。
有料版は、月額 6,000円/ID(税抜)~の年間契約となります。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値

P/L1

P/L2

P/L3

B/S1

B/S2

B/S3

主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解
ROAの分解

市場規模・トレンド

国内主要重機械事業セグメントの積み上げで12兆円規模。2008年のリーマンショックにより大きな打撃を受けたが、以降は一定の需要を維持している

残り本文: 448文字

有料版コンテンツの一部を無料会員登録でお試しいただけます。

業界環境

マクロ環境

グローバル規模での景気動向の変化に伴う企業投資の活発さに影響を受ける業界。またテクノロジーの進歩による業界活性化の観点も見逃せない

残り本文: 539文字

小分類レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。
有料版は、月額 6,000円/ID(税抜)~の年間契約となります。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済