印刷する

文書最終更新:2018/04/11

  • 2018/04/11更新

    今後の業界展望

  • 2018/04/11更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/11更新

    相関図・業界地図

  • 2018/04/11更新

    マクロ環境

  • 2018/04/11更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/11更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/11更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/11更新

    バリューチェーン

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

機械装置を構成する部品やモジュールを製造している事業者を対象とする

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

主要顧客である機械装置メーカー、建設業者向けに機械部品・モジュールを提供

残り本文: 342文字

小分類レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。
有料版は、月額 6,000円/ID(税抜)~の年間契約となります。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

日本標準産業分類において「はん用機械器具」に分類される商品

 機械部品・モジュールは、日本標準産業分類の「はん用機械器具」に分類される。はん用機械器具は、「はん用的に各種機械に組み込まれ、あるいは取り付けをすることで用いられる機械器具」と定義されている。小分類としてはボイラ・原動機、ポンプ・圧縮機器、一般産業用機械・装置、その他のはん用機械・同部分品に分類されており、その中にさらに細分類が定義されている。電子計算機等の情報通信機械器具に附属する装置や、電気機械器具・情報通信機械器具などに用いられる電子部品・デバイス・電子回路は含まれない。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

品目によって受注生産・見込生産のいずれが採られるかは異なる。業界内の競争は厳しくない一方で、ユーザーの動向や供給業者の市況に影響を受けやすい

残り本文: 467文字

小分類レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。
有料版は、月額 6,000円/ID(税抜)~の年間契約となります。

有料版のサービス詳細へ

KFSは技術革新への対応と、新規市場開拓・海外展開といった顧客の拡大

残り本文: 176文字

リスクは低価格を武器とするアジアのメーカーの参入

残り本文: 159文字

当業界の業界構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

収益性、安全性は高い水準であるが、生産性は低い。利益率が上昇したことで効率性は向上

残り本文: 287文字

小分類レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。
有料版は、月額 6,000円/ID(税抜)~の年間契約となります。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値

P/L1

P/L2

P/L3

B/S1

B/S2

B/S3

主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解
ROAの分解

市場規模・トレンド

はん用機械器具製造業の国内出荷額は10兆1,030億円であり、世界的不況以降は浮上できていない

残り本文: 470文字

有料版コンテンツの一部を無料会員登録でお試しいただけます。

業界環境

マクロ環境

社会動向やユーザーのニーズに合わせた技術開発が大切

残り本文: 265文字

小分類レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。
有料版は、月額 6,000円/ID(税抜)~の年間契約となります。

有料版のサービス詳細へ

為替や原材料価格の変動、建設投資額・設備投資額の停滞など不透明な状況への対応が必要

残り本文: 172文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向