印刷する

文書最終更新:2018/09/14

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2017/09/29更新

    相関図・業界地図

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

鉄道による旅客輸送・貨物輸送の運営に関わる企業。ここでは売上高ベースで鉄道輸送のほとんどの割合を占める、旅客輸送を中心に取り扱う。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

日本の鉄道会社では、インフラの所有と運輸事業の運営を同一事業者が手がける「上下一体方式」が一般的。地方では事業環境の悪化から「上下分離」も進みつつある

残り本文: 729文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

鉄道貨物輸送は長距離輸送がメインであり、JR貨物による独占状態となっている

残り本文: 461文字

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

本業である鉄道は、運賃が政府によって規定されており、輸送量と輸送距離が収益に直結する

 鉄道会社が手がける事業は、鉄道事業とその他の事業が存在する。ここでは、本業である鉄道事業を中心に取り扱う。
 鉄道事業はさらに、路線などインフラの敷設と維持管理をおこなう「下部」と、実際の輸送を運行する「上部」の2つに分けられる。下部の事業を単独で見ると、設備投資をおこない、その貸与によって賃借料収入を得る、リース業と同様の業態といえる。一方、鉄道事業として直接顧客へのサービスをおこなうのが上部の事業であり、一般的に鉄道事業という場合は、上下の機能を合わせた一体の事業を考える。
 鉄道事業の特徴としては、規制産業であるということ、特に運賃(人・物品の運送に対する対価)および料金(運送以外の設備利用・付加サービスなどに対する対価)の決定において、国土交通省による認可が必要となるという点が挙げられる。これは、公共性が高い交通機関として、政府の管理によって利用者の利益を最大化する必要があるためである。鉄道事業は、敷設・開業に必要な投資を回収するために過度な競争が起こる可能性があるほか、一事業者が一定範囲の市場を独占することが多いため利用者の不利益となる高運賃が設定される可能性もあり、それらを防ぎ、利用者の利益を最大化することが求められている。
 鉄道輸送における運賃算出の体系は、対キロ制・対キロ区間制・区間(ゾーン)制・均一性と4種類ある。多くの民鉄事業者の間では、一定範囲の距離を基準とする区間に応じた運賃を算出する、対キロ区間制が採用されているが、その他の運賃体系を採用する場合もある。しかし、このように決定できる運賃は、予め認可を受けた上限の範囲内に留まるため、距離あたりの単位運賃を上げることは容易ではない。そのため、鉄道事業による収益を増やすには、輸送人数(貨物は重量)×平均輸送距離で求められる輸送人キロ(貨物は輸送トンキロ)を最大化することが重要となる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

鉄道事業のビジネスモデルは、運賃収入による初期投資の回収と利益創出。業界として利益を出しやすい競争環境にあるが、外部環境変化から受ける影響が大きく、鉄道事業を超えて様々な方向性への事業展開がおこなわれやすい

残り本文: 918文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは、市場環境と自社の投資余力に関する正確な理解、その理解に基づく適切な投資の方向性の判断

残り本文: 320文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

民鉄が多角化を進めつつある一方、JRは歴史的経緯などから鉄道事業の収益に占める割合が高い

残り本文: 839文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

旅客輸送については、人口の増加が続いてきた首都圏で市場が拡大。定期を使用する日常的な移動の需要が半分程度を占める一方、新幹線を保有するJRグループは定期外の長距離移動需要も一定規模で獲得している

残り本文: 528文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

鉄道による貨物輸送の市場は、トラックにシェアを奪われるかたちで急速に縮小したが、直近では長距離輸送を中心に再度鉄道による輸送が増加しつつある

残り本文: 308文字

業界環境

マクロ環境

地域にもよるが、人口減少、地域分布・年齢構成の変化による市場縮小リスクが大きい

残り本文: 207文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

労働力人口減少は人手不足につながるリスクがあるが、技術活用による対応も可能であり、自動車輸送からの需要取り込みも狙うことが可能

残り本文: 522文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向