印刷する

文書最終更新:2018/10/01

  • 2018/10/01更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    マクロ環境

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

レストラン、居酒屋、ファーストフード等、主には飲食店チェーンを経営する企業群

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

主要大手企業の機能は本部機能と店舗機能に分かれ効率的なチェーン展開をおこなう

残り本文: 538文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

店舗での食事、サービスを提供する産業であり、消費者の選択肢は多い

 外食産業は給食主体部門と料飲主体部門に分けられる。
 給食主体部門は食事を主に提供するサービスである。給食主体部門には、法人や民間施設に食事を提供する集団給食と一般の消費者に食事を提供する営業給食がある。その分類の中で店舗を持ちその場所で食事を提供するサービスが飲食店である。
料飲主体部門はアルコールを含む飲料をその場で提供するサービスである。その分類の中で飲料を主とするサービスは喫茶・酒場等、遊興飲食を提供するサービスは料亭・バー等に分けられる。
 外食業界は店舗でサービスを提供する「ロケーション型サービス業」の典型といえ、店舗の立地が集客において非常に重要であると同時に、家賃を適性水準にコントロールすることが外食ビジネスで利益を確保していくための肝といえる。
 サービスの特徴としては配膳・接客など食事以外のサービスによる付加価値によって単価が上がっているという点がある。したがってもう一方の肝はサービスを提供する人材の確保と教育であり、この部分もコストのコントロールが重要となる。
 取扱い商品(提供される食事)は食材や加工方法により細かい差別化が容易なため、バリエーションは数多く生まれる。また商品の性質上、季節性によるサイクル、消費者の購買サイクルなどが短く、流行り廃りが激しく先行きの不確実性が高い。
 外食産業では数ある選択肢の中から消費者に選ばれる事が重要であり、商品・サービスの開発やマーケティングを通じて常に差別化を図ることが求められている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

外食産業の3つのフェーズと現在の業界の再編

残り本文: 726文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

主要成功要因:「店舗、業態開発力」「効率的な店舗オペレーション」

残り本文: 291文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

原価、人件費などコストが大きく薄利であり、規模拡大のための投資を継続的におこなっている

残り本文: 589文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

市場規模は約18.6兆円、2011年が底で拡大トレンド

残り本文: 166文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

ニーズに応える専門業態が発展

残り本文: 241文字

業界環境

マクロ環境

マクロ経済:人口トレンドによるターゲット層の変化、人手不足と原材料価格リスクの増加に注目

残り本文: 450文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

社会動向:細分化した消費者ニーズ、健康・安全志向に対応する事が必要

残り本文: 358文字

技術動向:IoTによるプロセスイノベーションの余地はある

残り本文: 185文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向