印刷する

文書最終更新:2018/11/09

  • 2018/11/09更新

    今後の業界展望

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/23更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2017/11/13更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/29更新

    マクロ環境

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

ホテル・旅館など、旅館業法で規定された宿泊施設を運営する事業者。

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

国内旅行客を中心として、訪日外国人客、法人顧客などに宿泊施設・サービスを提供

残り本文: 509文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

客室だけでなく、飲食やレジャーなど多様な商品・サービスを提供。プレイヤーは注力するサービスの領域により分類される

 宿泊施設で提供している商品・サービスとしては、①宿泊、②飲食、③コンベンション、④物販・テナント、⑤レジャーが挙げられる。そして、これらの商品・サービスの中で何を実際に提供するか、何にどの程度重きをおくかで、宿泊施設は大きく以下の4つに分けることができる。
1. リゾートホテル・旅館: 観光地などに立地し、充実したサービスや休暇中のレジャーを提供する
2. シティホテル(・コミュニティホテル): 主に大都市に立地し、宿泊に加えて会議室や宴会場でのコンベンション機能も提供する
3. ビジネスホテル(・エコノミーホテル): 出張や低価格での旅行に向けて、低価格で宿泊機能を中心としたサービスを提供する
4. 簡易宿所(カプセルホテル・ドミトリー): 宿泊機能に特化して最大限価格を抑えたサービスを提供する
 日本のホテルでは、カフェ・レストラン・宴会場などでの飲食関係の売上が多い。
 一般的に景気の動向を受けやすい業界であり、比較的安定した売上が期待できるBtoB市場も重要と考えられている。特に近年では、出張などのBTM、コンベンション機能を活かした会議や報奨旅行などのMICEといった需要が注目されている。また、帝国ホテル・ニューオータニなどのように、宿泊施設とは別にオフィスフロアを設け、収益を安定化しているホテルも多い。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

売上は施設のキャパシティに制限されるほか、固定費の割合が高いビジネス。そのため経営の自由度は低いが、所有・経営・運営の分離による柔軟性の確保が進んでいる

残り本文: 1129文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは、リピート客など旅行代理店を介さない直販比率の増加と高稼働率の両立、継続的な投資を可能にする経営体力、慢性的な人材不足への適切な対応

残り本文: 647文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

高水準のサービスを提供するため、人件費をはじめとする販管費の割合が大きい。宿泊に特化して効率化を進めるエコノミーホテルなどでは収益性が高くなる

残り本文: 478文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

日本人の国内旅行は横ばい。インバウンド・BtoB需要が市場の成長を牽引

残り本文: 601文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

稼働率は都心で高水準となり、訪日旅行需要がビジネスホテル・旅館などに流れつつある

残り本文: 302文字

業界環境

マクロ環境

市場の伸びは訪日外国人客が牽引。国内需要は多様化が進む

残り本文: 337文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

人手不足への対応が急務となる。一部のホテルなどでは自動化やロボットの活用も

残り本文: 224文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向