印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望(図表)

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    業界定義

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    マクロ環境

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

家電量販店・パソコン専門店は、洗濯機、エアコン、冷蔵庫などの白物家電(生活家電)やテレビ、AV機器などの黒物家電(娯楽家電)など、主に家庭内で使用する電気製品を販売する小売店、およびパソコンとその周辺機器を中心に取り扱うパソコン専門店のうち、特にチェーン展開をおこなう企業を対象とする。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

大量仕入れ大量販売の家電量販店、デジタル家電に専門性を持つパソコン専門店、主なサービスはBtoCの小売業

残り本文: 514文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

電化製品はコモディティ化し、差別化が困難に

 家電量販店の主な取扱い商品は、経済産業省の「専門量販店販売統計」によると、テレビやBD・DVD機器などの”AV家電”、パソコン・ゲームなどの”情報家電”、携帯や電話機などの”通信家電”、ビデオカメラ・デジカメなどの”カメラ類”、冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの”生活家電”、それ以外の家電製品の”その他”に大別される。
 家電製品の歴史は、古くは家事の労力を減らす冷蔵庫や洗濯機などの白物家電の普及から始まる。発売当初は”三種の神器(洗濯機、冷蔵庫、白黒テレビ)”とまで呼ばれ、家計支出の多くを占めていた。しかし現在では白物家電市場は飽和状態となってコモディティ化しており、娯楽家電と呼ばれるデジタル家電や音響映像家電の消費比率が高くなっている。相対的に白物家電の購入額は減少し、現在では「壊れたら買い替える」といった消費スタイルとなっている。

 家電製品の特徴として、昨今は技術的に成熟した商品分野が多いため、機能・性能による差別化が難しい。特に白物家電では、斬新な新機能や高付加価値よりも、必要な機能が過不足なく備わっている合理的な価格の商品が選択されやすい。メーカーの商品差別化努力も、消費者の視点からは大きな違いを見いだせなくなりつつある。そして一般的に小売店ごとの扱い商材の違いは少なくなっており、どの店舗にも同じような商品が並ぶようになっている。

大手家電量販店は、取扱い商品の幅が広がり続け、「よろず屋」化

 大手家電量販店が取扱う商品の幅は拡がり続けている。量販店は大規模化する中で、多種多様なメーカーの製品を取りそろえるだけでなく、おもちゃやゲーム機器の他にも飲料やくすりなど、様々な生活用品を取り扱っている。また小売事業以外にも、修理などのサポートサービスや通信回線契約などの代理店業、太陽光発電システムやオール電化などの住宅設備販売、リフォームといった住宅関連事業にも進出している。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

ローコストで薄利多売ができる大手チェーンが有利であり上位の寡占業界

残り本文: 178文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

大手に有利な業界であるが、大手同士の競争や新たな流通形態による代替がリスクとなる

残り本文: 920文字

競争優位性の確保と代替産業の取り込みが今後のKFS

残り本文: 286文字

交差比率:小売業の中でも薄利多売の家電量販、ストック型ビジネスを持つパソコン専門店はやや利益率が高い

残り本文: 105文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

薄利多売の構造で低収益、自己資本比率は高水準で安定性は高い

残り本文: 601文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

市場は成熟。上位集中化、店舗の大型化が顕著

残り本文: 501文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

家電業界に影響を与える外部環境に注目

残り本文: 1415文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向