印刷する

文書最終更新:2019/06/04

  • 2019/06/04更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2019/06/04更新

    相関図・業界地図

  • 2019/06/04更新

    バリューチェーン

  • 2019/03/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/01/23更新

    マクロ環境

  • 2019/01/23更新

    バリューチェーン

  • 2018/11/20更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/11/20更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/11/20更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/11/20更新

    今後の業界展望

  • 2018/11/20更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    バリューチェーン

  • 2018/04/11更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/11更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/11更新

    今後の業界展望

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    マクロ環境

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

石炭の開発および輸入・販売を手がける企業。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

開発はProject、その後はProduct

業界構造・主要企業

バリューチェーン

国内炭はコスト競争力の低さからほとんど生産されておらず、石炭供給の99%以上は海外からの輸入炭が占める

残り本文: 406文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

石炭販売事業者の多くは輸入商社としての業務が中心。総合商社や鉄鋼大手などは海外の資源権益への投資を進めている

残り本文: 472文字

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

石炭は石油・天然ガスと比べ安定供給が可能。一方で、環境への影響や輸送・貯蔵の困難性が欠点となる

 石炭は、植物の遺骸が地中に堆積し、地圧や地熱を長期間受けることで炭化したものである。石炭は化石燃料の一種であるが、石油や天然ガスと比較して、以下のような特徴を持つ。
・資源が世界的に分散している。石油・ガスは中東地域に資源が偏在しているのに対し、石炭は欧州・北米・アジア・オセアニアと各地域に賦存しており、供給の安定性が比較的高い。
・可採年数が長い。石油・天然ガスの可採年数がそれぞれ約50年であるのに対し、石炭は約150年である。ただし、石油は探索・採掘技術開発の進展によって可採年数が増加しているが、石炭の可採年数は減少傾向にある。
・燃料として安価。燃料の質や使用方法にもよるが、石炭の熱量あたりの価格は、石油・液化天然ガスの3分の1程度である。供給源が分散しているため、価格変動は石油・天然ガスよりも比較的小さい。
・環境影響が大きい。石炭は燃焼時の排煙・排ガス・二酸化炭素などによる環境影響が大きく、対策が必要である。
・輸送や貯蔵が困難。石油・天然ガスはパイプラインによる輸送が可能であるが、石炭は車両・船舶などによる輸送が必要である。ただし、日本と海外を結ぶパイプラインは現在存在しないため、輸入においては石油・天然ガスとの差は小さい。

石炭化の進行度により性質が異なる。石炭化度が高く、粘結性を持つ瀝青炭は、コークス化することで鉄鋼原料として活用できることから、付加価値が高い

 石炭は植物遺骸から生成するため、石炭化の進行度により性質が異なる。国際的に統一された基準はないものの、水分が多く炭素含有量が少ないものから順に、泥炭~褐炭(亜炭)~亜瀝青炭~瀝青炭~無煙炭と分類されている。
 石炭として工業的に多く利用されるのは、燃料として不純物が少なく発熱量の高い亜瀝青炭・瀝青炭・無煙炭である。中でも瀝青炭は、粘結性と呼ばれる性質を持ち、コークス化して鉄鋼原料として利用することが可能であることから、原料炭と呼ばれる。瀝青炭のうち粘結性の低いものや亜瀝青炭は一般炭と呼ばれ、主に発電用・産業用の燃料として利用される。
 原料炭は鉄鋼原料として代替が困難なため、価格は高くなりやすい。特に粘結性が高いほど良質なコークスが得られるため、価格も高価である。一般炭は炭素含有量が多いほど発熱量が高く、高価となる。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

開発はProject、その後はProduct

輸入・販売は中間流通として利ざやを得るビジネスになりやすい。海外権益への出資は資本集約的なビジネスとなる

残り本文: 519文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは、海外での権益獲得による収益性向上と海外の成長市場への進出。そのために、豊富な資金力・技術力の蓄積が求められる

残り本文: 206文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

石炭の調達コストが費用のほとんどを占める。コークスの生産を手がける日本コークス工業は製造業としての性格が強く、比較的高収益を維持

残り本文: 601文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

国内のエネルギー供給に占める石炭の比率は上昇。鉄鋼向けの原料炭と発電向けの一般炭が2大用途

残り本文: 540文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

需要側では技術開発による発電の高度化が進む。供給側では海外市場の動向の影響を大きく受け、不安定要因となっている

残り本文: 443文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向