印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/01/23更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/11/09更新

    マクロ環境

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/08/31更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/06/27更新

    バリューチェーン

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴(図表)

  • 2018/05/16更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2017/12/14更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

タクシー業界は道路運送法により定められた「一般乗用旅客自動車運送業」と呼ばれる乗車定員10人以下の自動車を貸し切って旅客を運送する事業をおこなう企業を対象とする。

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

タクシーは公共性が高く法規制の影響を受ける。地域性が高いため中小プレイヤーが多く、サービス内容は典型的な労働集約産業

残り本文: 574文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

タクシーとハイヤーは営業形態が異なり、車両数はタクシーが98%を占める。近年は市場縮小を受けて様々な関連サービスが増加

 タクシー業界のサービスの特徴として、まずタクシーとハイヤーの違いを示したい。道路運送法で区分されてはいないが、基本的には営業形態の違いによって呼び方が変わる。タクシーの営業形態としては”流し”、”無線”、”車庫待ち”の3つが挙げられる。”流し”は営業区域内を巡回したり、需要が多い駅前などで待機したりという形態である。”無線”は”流し”中にオペレーターから配車を指示され迎車に向かう形態である。”車庫待ち”は営業所などでドライバーが待機できるためもっとも労働時間が長く認められている形態となっている。一方ハイヤーは”車庫待ち”のみが一般的であり、高級車での高品質な送迎をおこなう業態で、タクシー業界のおよそ2%を占めている。
 次に近年の市場縮小を受けてタクシー業界が関連多角化として参入しているサービスについてである。主に福祉タクシー、救援事業、乗合タクシー、運転代行が挙げられる。福祉タクシーは、高齢化によって福祉・介護需要が増加していることを背景に、車いすやベッドなどでの乗車が可能な特殊な車両によって外出を支援するサービスである。次に救援事業としては、タクシーの機動性を利用して、警察や消防、病院などの機関と連携し、独居老人などの緊急通報に対応する支援業務である。また近年マタニティタクシーという業態も登場しており、緊急時の対応ができるよう講習を受けたドライバーによる、妊娠中の外出や通院などをサポートする業務も存在する。次に乗合タクシーは、観光地や過疎地域における小規模なバスのような業態となっており、貸し切りではない点が特徴である。規制緩和によって定額運賃での輸送の範囲が拡大し、それ以降全国的に増加しており、特に公共交通機関の無い地域に近年タクシー業者の参入がみられる。最後に運転代行であるが、飲酒運転が厳罰化して以降需要が拡大している。運転手を派遣し、顧客の代わりに運転をおこなうサービスである。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界環境は厳しい。縮小するパイを奪い合う構造、人手不足、代替品の脅威が主な要因

残り本文: 534文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは3つ:ドライバーの確保、効率化による実車率の底上げ、多様化した新たなニーズへの対応

残り本文: 1097文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

タクシー業界は人件費と自動車のコストが大半を占め、スケールメリットが効きにくい構造。上場2社の業績は安定的

残り本文: 424文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

市場規模はおよそ1.7兆円。1991年をピークに縮小トレンド。規制緩和によるテコ入れがあり新規の事業者・車両が増えたものの市場環境は厳しい

残り本文: 562文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

残り本文: 72文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

政策・法制度:比較的規制が厳しい業界、インバウンド消費獲得に向けての政策が進んでいる

残り本文: 214文字

マクロ経済:人口減少は市場縮小・人手不足につながる

残り本文: 142文字

社会動向:消費減少は市場縮小につながる。ニーズの多様化、共有志向によって新サービスが増加

残り本文: 198文字

技術動向:ライドシェアアプリが認められれば代替品となる。自動運転技術は運輸業界全体を変える可能性が存在

残り本文: 391文字

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向