印刷する

文書最終更新:2019/02/13

  • 2019/02/13更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2019/02/13更新

    相関図・業界地図

  • 2019/02/13更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/11/09更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/11/09更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    マクロ環境

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/04/20更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/04/20更新

    相関図・業界地図

  • 2018/04/20更新

    取扱い商品・サービスの特徴

  • 2018/04/20更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/04/20更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/04/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/04/20更新

    今後の業界展望(図表)

  • 2018/04/20更新

    業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

  • 2018/04/20更新

    マクロ環境

  • 2018/04/20更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    マクロ環境

  • 2017/09/20更新

    マクロ環境

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

医薬品をはじめ、食品、化粧品、雑貨等の日用品を販売するドラッグストアを運営する企業と、医師に処方された処方箋に基づいて医薬品を調剤し販売をおこなう調剤薬局を営む企業を対象とする。

業界特性

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

調剤薬局は処方箋に基づき服薬指導のうえ医療用医薬品を交付。ドラッグストアは医薬品の他に化粧品、食品、日用品等も扱う 

残り本文: 382文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

ドラッグストアは調剤業務の有無や店舗規模により複数に分類される。一般用医薬品については薬事法改正により販売規制が緩和

 ドラッグストアは大きく、調剤業務の有無、および店舗面積で分類することができる。調剤薬局を併設しており処方箋による調剤業務が可能な店舗とそうでない店舗は、同一チェーン内でも混在していることが多い。また、店舗の規模による分類としては、莫大な敷地面積で展開する大型店、郊外の路面に多い中型店、駅ナカや都市部の商店街などで多くみられる小型店に分けられる。大型店はアメリカの大手流通業を参考に開発されたといわれ、郊外立地の広い駐車場付きで「メガドラッグストア」、「スーパードラッグストア」などと呼ばれる。
 ドラッグストアの取扱商品は、利益率の高い一般用医薬品をはじめ、化粧品、食品、雑貨などから構成される。参考までにドラッグチェーン最大手でイオン系のウエルシアホールディングスにおける2017年度の商品分類別の構成比をみると、医薬品・調剤38.0%、食品21.7%、化粧品17.6%、家庭用雑貨品15.2%、その他7.3%となっている。法律により販売価格が決まっている医薬品以外の商品については、総じてスーパーやコンビニよりも安い価格で販売されていることが多く、ドラッグストアの集客源となっている。
 医薬品はそのリスクなどにより大きく、医療用医薬品、要指導薬品、一般用医薬品に分類される。医療用医薬品、要指導医薬品は、医師から発行された処方銭に基づいて調合され、薬剤師による対面の販売が義務付けられている。一般用医薬品は、薬局のほか、ドラッグストアなどでも広く販売される。一般用医薬品の販売に関しては、2009年および2013年の薬事法改正で規制が大幅に緩和され、条件を整えればインターネットでの販売も可能となった。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

ドラッグは高粗利の一般用医薬品の利益を原資に、食品、化粧品などを安く販売することで集客。調剤は薬価差益の確保が収益を左右

残り本文: 319文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

一般医薬品販売の規制緩和により新規参入が盛ん。業界再編も活発化しており競争が激しい

残り本文: 215文字

ドラッグストアは中粗利低速回転、調剤薬局は低粗利高速回転ビジネス。交差比率は調剤がドラッグの倍の水準

残り本文: 212文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

利幅の大きい一般用医薬品と薄利の食品等を取り扱う業態であり、トータルの営業利益率は4%前後

残り本文: 245文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

【ドラッグストア】他の小売市場が縮小傾向にある中で成長を続けるが、どこまで成長が続くかは不透明

残り本文: 526文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

【調剤薬局】 調剤医療費は堅調に推移。処方箋一枚当たりの調剤医療費も上昇を続ける

残り本文: 157文字

業界環境

マクロ環境

医薬品関連の法規制、政策に大きく影響される業界。薬剤師不足が深刻。国内市場の成熟に伴い、新興国需要やインバウンド消費が注目されている

残り本文: 814文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向