印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2017/12/20更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

ビルなどの建物を対象として各種管理業務を請け負う事業者。

業界特性

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

ビルやマンションなど建物の管理を受託する業界。業界内では重層的な下請け関係が存在し、役割分担がなされている

残り本文: 596文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

ビル運営の全体を管理するビルマネジメント業務に加え、ビルメンテナンス、建物維持管理、管理・サービスの3業務が主要な業務となる

 ビル管理サービスは、不動産の管理に関わる多様な業務の組み合わせによって構成される。大きくは、建物全体の運営を管理するビルマネジメント業務のもとに、ビルメンテナンス、建物維持管理、管理・サービスの3業務がぶら下がるかたちとなっている。3業務はそれぞれ、清掃・衛生、設備管理、警備保障といった機能を担うビルメンテナンス業務、空調や給排水のようなインフラ設備の維持管理を担う建物維持管理業務、ビル運営に関わる人的サービスを担う管理・サービスと分かれている。
 ビル管理サービスの費用は、おもに各業務をおこなうための技能の専門性(希少性)と、必要とする労働力の量によって決まる。技術の専門性に関しては、特定の機械や設備を取り扱うビルメンテナンスおよび建物管理の業務において、ビルクリーニング技能士、清掃作業監督者、電気主任技術者、ボイラー技士など、業務内容に応じて資格が細かく設定されている場合が多い。また労働力は、ビル管理事業の労働集約的な性格を反映し、高い重要性を持つ。たとえば清掃・衛生業務は、広い範囲・高い頻度での業務を要することから、専門性はそれほど高くないにもかかわらず多くの売上を占めている。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

各業務で人手を必要とする典型的な労働集約型産業。競合や新規参入業者との価格競争による収益性低下が課題

残り本文: 367文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは顧客との関係性強化・囲い込みによる価格競争からの脱却、およびシステム化・自動化による労働集約型産業からの脱却

残り本文: 444文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

外注費を含む人件費が費用の大半を占め、その影響で売上原価率は高水準。そのほかにも固定資産額が少ない点など、労働集約型産業としての特徴が読み取れる

残り本文: 428文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

バブル期にはビル数の増加、バブル崩壊後はコスト削減のための管理業務アウトソーシング需要の高まりを背景とし、市場は成長。価格競争により進んでいた単価の下落は、近年落ち着きつつある

残り本文: 485文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

ビル管理の市場は、PRE向けサービスと不動産証券化にともなう需要増が期待される。コスト面では人件費・外注費が今後も増加する可能性が高い中、技術による効率化が進む

残り本文: 717文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向