印刷する

文書最終更新:2019/02/26

  • 2019/02/26更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/05/16更新

    相関図・業界地図

  • 2018/05/16更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/05/16更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド(図表)

  • 2018/05/16更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/05/16更新

    今後の業界展望

  • 2018/05/16更新

    マクロ環境

  • 2018/03/28更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

各産業の廃棄物の排出事業者から委託を受け、産業廃棄物の運搬および処理をおこなう業界。産業廃棄物処理業の許可を受けた企業を対象とする

業界特性

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

産廃処理を受託する業界。収集運搬・処分それぞれに厳しい許可が必要であり、参入企業は大手と小規模企業に二極化。大手企業においてもそれぞれ得意分野が異なる

残り本文: 702文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

廃棄物は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に大別され、「特別管理産業廃棄物」には別途厳しい基準が設けられている。産業廃棄物は様々な種類があり、プロセスも複数存在する事から専門性の高い中小企業も存在している

 産廃業界の取扱商品をみるため公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターの「産廃知識廃棄物の分類と産業廃棄物の種類等」(ホームページ)から廃棄物全体の分類と産業廃棄物の種類を参照する。廃棄物は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に大別され、「産業廃棄物」は各排出事業者、「一般廃棄物」は市町村など公的機関の責任によって処理される。「産業廃棄物」の中には20種類の分類がある他、特別な処理プロセスを要するものが「特別管理産業廃棄物」に指定されており、取り扱うためには更に厳しい許可要件が必要となっており、許可を受けている企業は限られている。
 また産廃業界のサービスの特徴として、処理のプロセスごとにてがける業務が大きく異なる点、多種多様な廃棄物をてがけるためにそれぞれの種類や処理方法に合わせて様々な業態が存在している点が挙げられる。収集運搬業は車両や保管施設を有する運輸業の特徴を持ち、中間処理業は破砕や焼却、脱水やリサイクルのための選別など処理装置が必要な装置型産業の特徴をもつ。最終処分業は廃棄物を安定化させ管理基準を満たしたうえで埋立や海への投棄などをおこなっている。大手企業のシェアが高い中で小規模な業者が多数存在している理由としては、このように様々な業態が存在するため、一部の分野で専門性の高い業者が強みを持っているためである。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

法規制が厳しさ、大規模な設備投資の必要性から参入障壁が高い。受注を排出業者に依存する構造のため、買い手の信頼性へのニーズや価格への交渉力が高い

残り本文: 517文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFSは2つ:排出事業者から選ばれるための信頼性や提案力の確保、ニーズに対応するための垂直方向への多角化・リスク分散のための水平方向への多角化

残り本文: 702文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

大手企業は安全性も低くなく、装置型産業として規模の経済性をいかして高収益。推移としては、足元は各種産業の業績回復を背景に非常に好調

残り本文: 465文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

市場規模は約5兆円と推計される。産業廃棄物の総排出量は減少傾向だが、リサイクル量は増加している。排出量の多い業界からは多角化にともなう参入も増えている

残り本文: 617文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

厳しい法規制やリサイクル関連法、公的建設投資など政策・法制度の影響を強く受ける。景気動向は業績に影響を与え、新興国台頭による成長余地も生まれている。近年のIT化にともなうデータベースの発展や事務処理の電子化は、企業情報の透明化や業務の効率化に繋がっている

残り本文: 727文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向