印刷する

文書最終更新:2019/06/24

  • 2019/06/24更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/26更新

    市場規模・トレンド

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/10/01更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/11/13更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/09/20更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

アウトソーシング業界は、企業の間接業務の代行サービスをおこなう業界。経理や人事など事務処理業務やコールセンター、福利厚生といったバックオフィス業務のアウトソーサーを主に対象とし、情報システムの運用や、高度な知識提供をおこなうコンサルティングなどの業務は含まない。

業界特性

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

企業の間接部門の委託を受け、代行サービスを提供する業界。多種多様な分野が存在しているが、いずれも労働力の提供が価値

残り本文: 391文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

BPO(Business Process Outsourcing)は、産業横断で「高度ではないが従来は外部化されていなかった業務」の代行をおこなうサービス

 アウトソーシング業界のサービスの特徴を説明するうえで、まず多様に存在する広義のアウトソーシングの諸領域の位置づけを明確にしたい。広義でのアウトソーシングは大きく産業横断と産業特化に大別される。産業特化のアウトソーシングは物流や製造委託など、従来から外部化が進んでいる業務である。産業横断は近年拡大しているITO、KPO、BPOに分けられる。ITOは主にシステムインテグレーター等が手がける情報システムのインフラ構築・運用をおこなうサービス、KPOはコンサルティング業や弁護士や会計士といった専門的な知識を必要とするサービスである。本アウトソーシング業界の対象領域はBPOと呼ばれるバックオフィス業務のアウトソーシングとなる。このバックオフィス業務は多くの企業が従来社内に抱えていたものであるが、近年のBPOの一般化にともなって委託が増加している。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

多数乱戦業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

多数乱戦業界であり、中小企業でも成長余地が大きい。ITOやKPOなどの他のアウトソーシング業が代替業界として存在し、技術による脅威も大きい

残り本文: 455文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

KFS:提案力強化のための人材確保、コスト優位、業務範囲の拡大

残り本文: 773文字

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

コストに占める人件費が大きい構造。安全性が高く、少ない資産で効率的に売上を伸ばすことに成功している

残り本文: 565文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

中小企業の財務指標

損益計算書
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査
貸借対照表
表示条件: 表示
出所:中小企業実態基本調査

市場規模・トレンド

周辺業界との境界が曖昧なため市場規模は5,000億円~2兆円の間と推計される。そのうちテレマーケティング市場はおよそ1兆円。国内では右肩上がりの成長市場

残り本文: 447文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

政府によるBPO推進の動き、日本特有の労働慣習に影響を受ける。またIT活用の進展によってアウトソーシングの垣根はさらに低くなっている

残り本文: 565文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向