印刷する

文書最終更新:2019/02/05

  • 2019/02/05更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/02/05更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2019/02/05更新

    サマリ

  • 2019/01/23更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2019/01/23更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/11/09更新

    今後の業界展望

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図(図表)

  • 2018/11/09更新

    相関図・業界地図

  • 2018/11/09更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/11/09更新

    バリューチェーン(図表)

  • 2018/10/01更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/09/14更新

    サマリ

  • 2018/08/31更新

    主要プレイヤーの動向

  • 2018/08/31更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2018/06/27更新

    市場規模・トレンド

  • 2018/06/27更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/11/13更新

    主要企業の財務指標分析

  • 2017/09/29更新

    市場規模・トレンド

  • 2017/07/04更新

    初版公開(リリース)

業界定義

介護保険の適用を受ける介護関連サービスを提供する事業者

業界特性

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

業界構造・主要企業

バリューチェーン

介護サービス提供業者は、要支援・要介護高齢者に対して日常生活を送るための支援を手がける事業者である。サービスは大きく在宅型と施設入居型に分かれ、民間業者の参入可能事業領域は在宅型と、施設入居型の一部に限られる

残り本文: 640文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

※ 有料版では画像中の各企業、詳細リンクを表示します。

バリューチェーン

取扱い商品・サービスの特徴

介護サービスは大きく「在宅型介護」と「施設入居型介護」に分類できる。介護サービスの収入源は介護保険制度にともなう介護給付金(公費)が主であり、政府や自治体の動向に依存

 介護サービス業者が提供するサービスは大別すると「在宅型介護」と「施設入居型介護」に分類できる。在宅型介護はさらにいくつかの分類が可能であり、介護職員が利用者を訪問して介護・看護・入浴・リハビリなどをおこなう「訪問系」、利用者側が施設に通所し介護サービスを受けるいわゆるデイサービスやデイケアと呼ばれる「通所系」、また通所ではなく短期に入所するショートステイと言われる「短期入所系」、地域密着で見守りサービスなどをおこなう「地域密着型」サービスに分類ができる。在宅型介護サービスは基本的に利用者が自宅に居ながらサービスを受けられることに特徴がある。一方で、居住場所としての機能も持ち合わせているのが「施設入居型介護」である。大きくは「有料老人ホーム」とその他の「介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」に分類ができる。施設入居型の極端な例が医療施設への入院だとすると、大まかに位置づけて有料老人ホームがもっとも医療から遠く、介護療養型医療施設がもっとも医療に近い施設ということになる。具体的には、介護療養型医療施設は慢性疾患を有し長期療養が必要な介護者に対して医療的な観点も含めた介護サービスを提供し、介護老人保健施設は在宅への復帰を目的としたリハビリなどをおこなう施設であり、介護老人福祉施設はその他介護保険が適用されるような日常生活の支援をおこなう施設である。以上の三施設については都道府県・市町村や非営利団体が運営をおこなう必要がある。有料老人ホームは民間が運営する介護老人福祉施設の位置づけに近いものであり、料金が高い分、公的機関が提供できない良質なサービスを提供している。
 なお、介護業界は介護保険制度の影響を大きく受けている。介護サービス利用者はそのサービスを受ける際に公費による補助を受けることができる。具体的には介護保険対象サービスの対価を介護報酬というが、公費9割と利用者分1割で構成される。保険対象者は「要支援者」「要介護者」と呼ばれるが、そのためには市町村の認定が必要であり、具体的には65歳以上で日常生活に一部でも支障がある高齢者が主になる。その支障の度合いにより「要支援1」~「要介護5」まで分類され、介護保険の支給限度額が決まっている。介護保険の対象は介護サービスだけでなく、高齢者に合わせて住宅改修をおこなった際の費用、専用ベッドや車いすなどの福祉用具購入費用も適用の対象となる(施設内での食事代などは対象外)。このように公費によるサポートが多くを占める介護保険制度であるが、事業者側から見れば収入のほとんどが公費で賄われているといえる。したがって、厚生労働省を中心とした政府や自治体の動向に深く依存した業界である。

取扱い商品の主要分類

取扱い商品の主要分類

業界ビジネスモデル(解説、KFS、リスク)

成熟期へ移行する業界

ビジネスモデル ビジネスモデル解説
装置型 見込生産 ストック型
組立型 受注生産 フロー型
Productベース BtoC 労働集約
Projectベース BtoB 資本集約

介護サービス事業者は市町村や厚生労働省の動向に大きく影響を受ける。業界は成熟に向けて進歩しているものの、競争状況は安定せず資本力のある異業種大手の存在感が大きい

残り本文: 739文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界の競争・収益の構造(ファイブフォース分析) ビジネスモデル解説
ファイブフォース分析

主要企業の財務指標分析

介護サービス事業者の営業利益率は代表企業でも低水準、コスト構造上は売上原価の比率が高い。従業員一人当たりの売上高も他業界に比べて低く、単純労務提供の典型的な労働集約型ビジネス

残り本文: 428文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P/L、B/Sの業界水準値
P/L、B/Sの業界水準値
主要財務指標推移
主要財務指標推移
ROAの分解(収益性×回転率の推移)
ROAの分解

市場規模・トレンド

介護サービス市場は一貫して拡大傾向。近年は自治体や非営利法人が運営する施設は供給が追いついておらず、在宅でも受けられる訪問サービスや通所サービス、また民間運営の有料老人ホームの拡大が顕著

残り本文: 425文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

業界環境

マクロ環境

介護サービス業界は、高齢社会の進展にともなう介護ニーズの拡大により、保険制度の頻繁な改正の逆風を受けながらも発展を続けてきた。介護職員の確保に課題があるものの、技術革新にともなう一部領域での生産性向上が進みつつある

残り本文: 822文字

業界レポート全文の閲覧には有料登録が必要です。

有料版のサービス詳細へ

P 政策・法制度
P_政策・法制度
E マクロ経済
E_マクロ経済
S 社会動向
S_社会動向
T 技術動向
T_技術動向